スポンサーリンク

ペッパー(胡椒)

ペッパーはさわやかな芳香と強い辛味が特徴のスパイスです。

ペッパーはコショウ科のつる性植物です。
栽培は通常、挿木によって繁殖させます。
苗を畑に植え、支柱に絡ませて育てます。
2~3年目から収穫ができ一年中収穫できますが、
収穫後に乾燥させるため雨のない季節が最適です。

主産地はインドで、世界の約1/3が生産されています。
スリランカ、インドネシア、タイ、マレーシア、ベトナム、
西インド諸島、ブラジルなどでも生産されています。

スパイスとして使用されるのは果実の部分です。
この果実の加工方法により、いくつかの種類に分類されます。
代表的なものはホワイトペッパーとブラックペッパーです。
風味はブラックペッパーの方が強く、ホワイトペッパーは穏やかです。

肉料理、魚料理、野菜料理、スープなど世界中の様々な料理に使用されています。
また、ソース、ケチャップなど調味料の主要原料にもなります。

カレーにも主要なスパイスとして使用されています。
西洋料理ではもっとも基本的なスパイスとして使用されています。

挽きたてがもっとも風味がよいので、
使用するたびにホールのペッパーを挽くための
ペッパーミルがよく使用されています。

薬用としては健胃薬として用いられます。
駆風(腸内ガスの排出)、の効果もあるとされています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする