スポンサーリンク

ビタミンとは

ビタミンは、体の調子を整えるのに欠かすことのできない栄養素です。13種類あり、体の中の働きは種類によって異なります。

必要な量は少ないのですが、人の体の中で作ることができなかったり、作られても量が十分ではなかったりするので、食べ物からとる必要があります。

水に溶ける水溶性ビタミンと、水に溶けずあぶらに溶ける脂溶性ビタミンに大きく分けられます。

【水溶性ビタミン 】

尿などに排出されやすく、体の中にためておくことができません。必要な量を毎日とることが大切です。
ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンの9種類あります。
【脂溶性ビタミン】

あぶらと一緒にとると吸収率が上がります。排出されにくく、とりすぎると過剰症になるおそれがあります。
ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKの4種類あります。

どれくらいとればいいか
どれくらいとったらよいかは、年齢やビタミンの種類によって大きく異なります。

種類によって体の中での働きや役割が異なるので、不足するとさまざまな症状がでます。また、とりすぎると害がでることがあります。普通の食事ではとりすぎを心配する必要はありませんが、いわゆる健康食品を使う場合は、使い方に十分に注意しましょう。

ビタミンの種類と多く含む食品
<水に溶けるビタミン>
ビタミンB1   肉、豆、玄米、チーズ、牛乳、緑黄色野菜
ビタミンB2   肉、卵黄、緑黄色野菜
ビタミンB6   レバー、肉、卵、乳、魚、豆
ビタミンB12   レバー、肉、魚、チーズ、卵
ビタミンC        緑黄色野菜、果物
ナイアシン       魚介類、肉類、海藻類、種実類
パントテン酸    レバー、卵黄、豆類
葉酸               レバー、豆類、葉もの野菜、果物
ビオチン         レバー、卵黄
<あぶらに溶けるビタミン>
ビタミンA       レバー、卵、緑黄色野菜
ビタミンD       肝油、魚、きくらげ、しいたけ
ビタミンE       胚芽油、大豆、穀類、緑黄色野菜
ビタミンK       納豆、緑黄色野菜
ビタミンP     みかんの皮、蕎麦、柑橘類

出典

栄養成分百科

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする