スポンサーリンク

ビオチン

ビオチンとは
ビオチンは、ビタミンB群の一種で、以前はビタミンB7とも呼ばれていました。無色の針状結晶で、においや味はなく、水に溶けやすい水溶性の成分です。熱・光・酸に対しては強く、アルカリに対しては構造が壊れてしまうことがあります。
ビオチンはエネルギーの代謝を助け、皮膚や粘膜の健康維持に役立つなど、人間が健康に過ごすためには欠かせない栄養素です。
ビオチンは体内で肝臓、腎臓、筋肉、乳腺、消化管の順に多く存在し、アミノ酸や脂質の分解と代謝を助ける働きを担っています。
ビオチンは水溶性のため水に溶けますが、食品中ではたんぱく質と結合した形で存在しているため、分解されにくく壊れにくいことが特徴です。しかし、加工食品では壊れて損われていることもありますが、体内でも合成されるため、不足の心配はほとんどありません。
ビオチンは腸内で善玉菌によって合成され、食品から摂取されるものと同じように働きます。体内でどのくらいの量が合成されるのかはまだ解明されていませんが、健康な体内では問題なく合成されることがわかっています。しかし、最近は喫煙や飲酒、不規則な生活などによって体内での合成量が減少し、不足してしまうこともあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする