スポンサーリンク

カプサイシン

「カプサイシン」は、唐辛子に含まれている辛さの主成分です。
カプサイシンには、味覚や嗅覚を刺激して、食欲を増進させる働きをします。
カプサイシンを体内に摂取すると、積極的に脂肪がエネルギーに代わるので、体温が一時的に高くなったり、汗が出てきやすくなったりするのです。体内に蓄積された脂肪を燃やすということで、肥満の予防にもなり、ダイエットにも効果的という訳です。
ただし、カプサイシンの辛味成分は刺激が強いため、摂取し過ぎると味覚が麻痺したり、胃の粘膜を傷つけてしまったりして、却って体に逆効果になるので、食べる時には摂り過ぎに注意が必要です。
カプサイシンの効果は他にも認められていて、体を温めるという刺激作用を期待してカプサイシンを練りこんだ肌着や靴下が製品化されたり、カプサイシンの刺激成分を防犯用の撃退スプレーなどに配合したものが製品化されたりして、食用以外の用途にも応用されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする